2015/03/15

第2回 JBCF 宇都宮クリテリウム E2

  • レース名
    • 第2回 JBCF 宇都宮クリテリウム
  • 日付・スタート時刻
    • 2014-03-15 09:15
  • 場所
    • 栃木県宇都宮市清原工業団地内
  • 種目/距離
    • E2クラスタ
    • ポイントレース 3km*12周
    • 2周ごとにスプリントポイント
      • 1位 5pt, 2位 3pt, 3位 2pt
  • 天気
    • 晴れ
  • コース状況
    • ドライ、長方形なコースで路面も普通の道路
    • 去年に比べて180度の折り返しが増えた
  • 機材
    • Ravanello S.A.T.
    • ホイール: EASTON EA90SLX (チームから借りた)
  • ウォーミング・アップ
    • 7:30-8:20まで3本ローラーでアップ
    • 8:30-8:50ぐらいまで試走兼ねてコースをぐるぐる 途中サインしてそのまま並んだ
  • リザルト
    • DNF
    • 4周目、2回目のSprintPointで落車
  • レースの目標
    • スプリントポイントに1回でもからむ
  • レースの戦略
    • 前目で展開して、Pointにからむ動きをよく見る
  • うまくいった点
  • 今後、改善が必要な点
  • レース後の痛み・違和感・不具合
    • 落車により骨折
      • 左大腿骨転子部骨折
      • 左鎖骨骨幹部骨折
    • その他擦過傷

以下時系列に

前日移動にして、今年の全日本に参加するチームメンバーと一緒に全日本のコースを試走。
その後、宇都宮入りしてコースを試走。

ジャージのビブパンツを忘れてしまっていた。。準備にドタバタしていて忘れてしまった。。
チームの予備のジャージから、バンクでも使えるようにとワンピースを出してもらってそれで走ることにしました。

3本ローラーでアップをして、試走時間になったところでコースに移動してぐるぐる。コース走っているとサイン場所とかが見えるので準備ができたタイミングでサイン。
また2周ほどして、待機場所に人が並んできたので、その列に加わりました。

レースは3列目でスタート。
徐々にポジション上げつつ1回目のSprintPointを後ろからながめる。
次は狙いに行こうと決めて前目のポジションをキープする。

最後のコーナー曲がって前から7-8番手ぐらい?それほどスピードがのっていなかったのと、先頭1人で三角形みたいになっていたので、右から追い抜いて行こうと前の人から少しラインを外して右に出る。
そのタイミングで、前走者が何か叫びながら大きく右に進路変更。。。
たぶん、さらにその前で動きがあったんだと思います。

それで前輪を持って行かれて左へ為す術もなく倒れる。
ハスるというより持って行かれたイメージ。たぶんリアディレーラーあたりと前輪があたっていた気がする。
後続に踏まれなくてよかった。

起き上がってニュートラルか?と思ったが立ち上がれず、違和感があって、左鎖骨を触ったら明らかにズレて折れているのがわかったので復帰は諦めた。
左太ももはその時点では打ち身かと思ったが、痛くて動かせない。

なんとか道路脇まで引きずってもらって回収車を待つ。
回収車のベッドへの移動、そこから救急車のベッドへの移動が、激痛!

宇都宮の病院に搬送されて、そのままCTやらレントゲンやら撮影してもらって(ベッド移動がきつい)、家族に連絡して兄が来てくれた。

頭もぶつけていて、小さいけどクモ膜下出血もありそうだと言われた時は、ちょっと焦った。
手術するほどではないので、自然治癒に任せるとのこと。

頭の件もあるので、都内への転院などは現時点では難しいとのことと、大腿骨転子部骨折は手術しないと歩けなくなってしまうかもしれないとのことで手術をすることに。
その日は集中治療室で寝ることに。

あまりにも痛みが酷いと訴えたところ、飲み薬は出せないとのことで、座薬で痛み止めを入れてもらって、なんとか寝ることが出来ました。

2014/03/23

第1回 JBCF 宇都宮クリテリウム E2

  • レース名
    • 第1回 JBCF 宇都宮クリテリウム
  • 日付・スタート時刻
    • 2014-03-23 09:15
  • 場所
    • 栃木県宇都宮市清原工業団地内
  • 種目/距離
    • E2クラスタ
    • ポイントレース 2.7km*12周
    • 2周ごとにスプリントポイント
      • 1位 5pt, 2位 3pt, 3位 2pt
  • 天気
    • 晴れ
  • コース状況
    • ドライ、長方形なコースで路面も普通の道路
  • 機材
    • Ravanello S.A.T.
    • ホイール: EASTON EA70SLX (チームから借りた)
  • ウォーミング・アップ
    • レース開始1時間前からチームの固定ローラーでアップ
  • リザルト
    • 56位、ポイント0pt、67人完走、91人出走
  • レースの目標
    • スプリントポイントに1回でもからむ
  • レースの戦略
    • 2周目のSPは様子を見る
    • 6周目と10周目のSPを狙いに行く
  • うまくいった点
  • 今後、改善が必要な点
  • レース後の痛み・違和感・不具合
    • 特になし

2014/02/03

Stravaのセグメントに残らなかったログを修正して残す方法

昨日のサイクリングで白石峠に行ったログを Strava で確認したら、自己ベスト2位のはずが、自己ベスト扱いになっていた。

Stravaという自転車系のサービスは、バーチャル競走ができる機能があり、セグメントと呼ばれる区間を、他人や過去の自分と競うことが出来る。

登り以外の平坦のセグメントもあるが、風向きや複数人でのローテーションでもタイムが出てしまうし、登りであっても、知らない人のタイムはあまり興味が無い。

興味があるのは、過去の自分の記録との比較と、一緒に走った人のタイムだ。

自己ベストにならなかった記録

過去の白石峠の記憶に残っているログを探したら、途中からGPSデータの位置情報がずれてしまっていて、セグメントとして認識されなかったみたいだ。

これはMacのAscentというアプリで、白石峠の区間だけログを切り出したもの。

これをtcx形式でエクスポートし、位置情報の修正をしてあげたデータがこちら。

この部分のみを Strava にアップロードして無事記録が残りました。

ログの修正方法

目視で確認したところ、後半の位置がずれてしまっているだけなので、ずらしてあげることにします。

tcxを見やすくする

tcx形式の中身は独自形式のxmlです。

Ascentでエクスポートしたファイルは、改行が含まれていないので、処理しやすいようにします。Macのターミナルアプリで以下を実行。

xmllint --format FILE_NAME.tcx --output FILE_NAME.tcx

修正するズレ幅を調べる

tcxファイルの最後の方を確認して、Google Mapsで本来の位置との差を調べます。

          <Trackpoint>
            <Time>2013-08-31T04:50:31Z</Time>
            <Position>
              <LatitudeDegrees>35.998108</LatitudeDegrees>
              <LongitudeDegrees>139.180954</LongitudeDegrees>
            </Position>
            <AltitudeMeters>783.800049</AltitudeMeters>
            <DistanceMeters>-3218611000.000000</DistanceMeters>
            <HeartRateBpm xsi:type="HeartRateInBeatsPerMinute_t">
              <Value>185</Value>
            </HeartRateBpm>
            <Cadence>82</Cadence>
            <Extensions>
              <TPX xmlns="http://www.garmin.com/xmlschemas/ActivityExtension/v2">
                <Watts>227</Watts>
              </TPX>
              <TPX xmlns="http://www.garmin.com/xmlschemas/ActivityExtension/v2" CadenceSensor="Bike">
                <Speed>5.4910003</Speed>
              </TPX>
            </Extensions>
          </Trackpoint>

元の位置

本当の位置はクリックして調べる

差分

139.180954 - 139.179513 = 0.0014410000000282253
35.998108 - 35.997895 = 0.00021300000000223918

データ修正をする

同じような方法で修正する点を調べて簡単なスクリプト組んで修正。
今回は、 139.194693 の地点以降を修正しました。

<?php
$file_name = 'FILE_NAME';

$buf = file_get_contents("$file_name.tcx");
$lines = split("\n", $buf);

$flg = false;
$ret = '';
foreach ($lines as $line) {
    if (preg_match('/<LongitudeDegrees>([\.\d]+)<\/LongitudeDegrees>/', $line, $m)) {
        if ($flg) {
            $line = str_replace($m[1], ($m[1] - 0.0014410000000282253), $line);
        } elseif ($m[1] < 139.194693) {
            $flg = true;
        }
    } elseif ($flg && preg_match('/<LatitudeDegrees>([\.\d]+)<\/LatitudeDegrees>/', $line, $m)) {
            $line = str_replace($m[1], ($m[1] - 0.00021300000000223918), $line);
    }
    $ret.= "$line\n";
}
file_put_contents("${file_name}_2.tcx", $ret);

使い捨てなのでphpで。

Stravaにprivateでアップロード

作成したログをStravaにアップロードして、無事に My Results に記録が残りました。
まだまだ遅いけど、このタイムを目標に次に行った時はがんばろうというモチベーションアップの糧にします。

2014/02/02

サイクリングで白石峠へ - 登りで意識した点

チームメンバーとサイクリングへ。
起きた瞬間から昨日の疲れがたっぷり残っていて筋肉痛。

裏道を通ってシロクマパンの横を通り抜けてゴルフ場を抜けて松村坂を下って慈光寺麓へ。
そこでちょっと早めのお昼をやすらぎの家で食べた。

食べ終わってから、どこ行こうか〜?ということで白石峠へ。
食べたばかりのカレーうどんがお腹の中で暴れます。。順番を間違えてる!

白石峠はシッティングメインで、昨日の反省を活かして回すペダリングを意識。
斜度があるところは回すのに少し踏み要素を入れると失速せずにうまく登れました。
疲れが残りまくり&カレーうどんなお腹のよくないコンディションにしては自己ベスト2位。

少し、いい感触を持って登れたのでよかったです。
が、右膝が少し痛くなってしまった。。


登りで意識した点

  • 上半身の位置
    • 上ハンを持つと起き上がってしまうので、ブラケットを持って上半身を被せることを意識した
  • 引き足というか脚を持ち上げる動き
    • 5時ぐらいまで下ろした時点で12時まで持ってくるイメージ

基本は、脚を持ち上げるだけで重心位置で脚が降ろされることを考えてみた。斜度が上がった場合は、そこに上半身の体重を少し乗せてあげる感じ。
いままでも考えてきたことなので、いまさらな感じだけどペダリングを戻すために強く意識した。

昨日のひるサイの疲れが残っていたわりには、最後まで大ダレせずに走り切れたよかった。

帰宅後に、右膝の軽い違和感だったのが痛みに変わっていたので不安だったが、一晩たったらだいぶ抜けていた。
今までも、しっかり体重かけて回すような場合に膝が痛くなることが何度かあった。今までだと、故障が怖くて練習強度を下げてしまっていたが、アイシングとかをしつつ続行してみようと思う。

この判断がどうなるか。。。

2014/02/01

ひるサイ参加 - 踏み踏みなペダリングになってしまってる

ひるサイに参加。
今回も結構な大人数で20人越えしていたと思います。

荒サイ区間はまったり進行。TT区間もおだやか。一般道に入ってから人数多いので2グループにわかれる。
前のグループに入ったけど、速くて徐々につらくなってくる。。。ローテをうまく回せなくなって崩壊気味なところで戸守のローソン。信号待ちで後ろ組と一旦合流。後ろ組へ下がりました。

清澄手前で再度合流して、登り始める前に後ろから真ん中辺りまでポジション上げてから登り始め。
本日の目標その1、メイン集団からこぼれずに登り切る。
結果は Avg328W の自己ベストタイでクリア。ちょっと伸びた集団のけつにしがみついて下り以降の一人旅を回避。前が見えないのでメイン集団かグルペット集団かわかりませんw

明覚デイリーで休憩後に横松へ。途中離脱の人がいるのでこの時点で半分ぐらい。
ペダリングが踏み脚になってしまっていて、清澄で使った脚がぴくぴくしてまったくのだめだめ。
最後尾で待たせてしまいつつ合流して下って定峰峠へ。

すでに脚がすっからかん。。
落合橋までも速くて、曲がってからもそのままずんずん進む。もうちょっと付いていけるかと思ったが、早々にちぎれて一人旅。
帰ってからログを見たら、落合橋までのアプローチも、落合橋-定峰峠間もベスト更新。定峰峠自体は遅かったのでアプローチがどんだけ速かったことか。。

もう1本定峰おかわりというので、そこで離脱して2人で白石峠側に抜けて三段坂越えて帰ってきました。

行きのローテーションの負荷に耐えるために前踏みになってしまっているっぽいので、距離を乗るとダメになってしまうみたい。
せっかくうまく登れるようになってきていたフォームも、おはサイに必死に付いて行っているうちに崩れてしまったみたいだ。


ローラーでパワーばかり見て練習してると、簡単にパワーが出るけど変な乗り方になってしまうことが過去にもあった。
最近、おはサイで自分にとってレベル高めなローテーションに加わるために、前乗りになっていることが多い。いわゆるサドルにケツを指したポジションだ。

短い時間にパワー出すなら、いまのところそうなってしまう。
悪い乗り方ではないと思うんだけど、引き出しの1つとしてなら。という前提条件が付くと思う。
この乗り方では長く走れないし、山も登れない。。

2014/01/28

おはサイ - 気がついたらインナーに落ちてた

今日もおはサイへ。
起きた瞬間から足が重い。疲れがとれてません。

1周目から速い、きつい。
2周目に入ったところの管理橋のところで本日の瞬間最大ワット。
3周目を必死に耐えて、
4周目のバックストレートでさらに加速。。。
5周目はさすがに無理で後ろで待機しつつ6周目に備える。集団自体もおとなしめ。嵐の前の静けさ的な。
6周目、ホームストレートからガツンと1人逃げが発生。少し長めのローテで追っかける感じで、バックストレートもそのまま。
疲れました。。

丘越えのところで何度もあきらめそうになったけど、声を絞り出しつつなんとか耐えられました。。
1人じゃ絶対追い込めない領域なので、練習仲間に感謝です。


途中、3周目ぐらいに、リアディレイラーあたりからちゃりちゃりとなにかあたっている異音がして、ギヤを変えたり操作しながら様子を見て、止まって様子を見るべきか?と思っていたら、フロントがインナーに落ちていました。
インナートップになってしまって音が出ていたみたい。

どのタイミングで落ちたのかわからないけど、フロントディレイラーの調整が必要かもしれない。
フロントのクランクは、SRAM REDの10s用で、ディレイラーはSHIMANO 9070なので、多少は目を瞑らないとかな?

2014/01/27

ピスト練を取り入れて気付いたこと

この間のおはサイ後に「最近調子いいですね?ピスト練のせい?」と聞かれたので、ちょっと振り返ってみた。
ピストに乗ることによって、 ずーっと課題だったケイデンスが落ちた時の踏み込みができるようになってきた。

以下は GoldenCheetah の PF/PV のグラフです。
縦軸がトルク、横軸が回転数で、赤い斜めの曲線がFTPのラインです。

パワーはトルク×回転になるので、低トルク×高回転でも、高トルク×低回転でも、結果として出力されるパワーは同じになる。

トルクが無くて回転でパワーを出す乗り方の場合、回転を落とさないために、ギヤを変えて対応することになる。坂の斜度がきつくなり、回転が保てなくなると高いトルクを出さないと失速してしまう。

2009年頃のログ

2009年のジロ・デ・信州というサイクリングイベントのログ。
都民の森、柳沢峠を越えて長野まで約160kmを走った。

このログを見ると、回転が保てているうちは、赤い線状にも多く点が打たれているが、回転がさがってきたところの赤丸で囲っている部分で、トルクが頭打ちになっている。

ピスト練前のログ

@key3 にグラフの見方を教えてもらって、トルク不足を指摘され、その改善に努めて2年ぐらい。

チーム合宿で車坂峠を登った時のログ。

低回転の時のトルクが2009年の頃に比べればトルクが出るようになっていますが、まだまだ足りません。

ピスト練

2013年の10月からピストで練習開始。

高指山にピストで登りに行ったときのログ。

横軸の左側が綺麗に削れているのは、回転が遅すぎるとケイデンスセンサーが拾わなくなってしまうからです。登りながらメーターを見るとケイデンスが低すぎてゼロと表示されていたりしました。。

ギヤが固定なので、軽くするということが出来ないので、ひたすらトルクを絞り出すしかありません。トルクを絞り出すためにはどういった体重のかけ方、ダンシングの仕方をすればいいのかが少しわかった気がします。

ピスト練後のログ

10月後半から12月まで、約2ヶ月ほどピストに乗り込んでから、1月になってロードも乗り始めました。

ひるサイで、清澄、横松などを走ったログ。

今までよりも低回転でのトルクが出せるようになってきました。

チーム練で、慈光寺わんこ坂、多武峯神社近道の激坂を登ったログ。

激坂への対応が少しできるようになったのと、ピストでの高回転練のおかげで、回転も上がって右下へも伸びるようになってきました。

改善点

  • ダンシング
    • 固定でダンシング練をすることで、いかに下手なダンシングだったかに気付いた
    • 踏み込み時に次の逆の足につながるような体重移動を強く意識するようにした
  • クリート位置
    • シッティングで高トルクをかけていると、ふくらはぎの筋肉が先に使えなくなっていた
    • クリート位置をかかと側に移動し、その分サドルを下げた
  • 筋トレ
    • 以前から行っていた筋トレの量と質を改善した
    • ふくらはぎの問題が解決したことで太ももの筋肉をもっと使えるようになったら、腕とか腹筋とか、次に弱い箇所がボトルネック的に限界を下げていることがわかるようになった
    • 弱い箇所を「サイクリング解剖学」で調べて、腹筋とかスクワットの筋トレ時に使われている箇所を意識するようにした

たった2ヶ月ちょっとの話なので、まだまだ改善できそうな手応えがあるし、今後が楽しみだ。